【高尾~相模原】 南町田~町田

JAPAN(日本)

南町田

 国道16号(R16)が町田市街を通っていないので、(個人的に)長らく町田と思っていたところは東名高速・横浜町田IC近辺だった。

 R16、R246と交わるので結構な渋滞地帯だったが、R16をまたぐR246をさらに高架でまたぐ町田立体[交差]の完成(2016年)で渋滞緩和。地上高さ最大約18m。
 ただし、東名、R16、R246いずれも町田市を少し通るだけ。

 R246が大山[街]道で、町田街道や八王子街道と合流(分岐)するので、昔から人の往来があったところ。

 住所は鶴間。
 境川対岸も鶴間で、こちらは神奈川県大和市。鶴間駅(小田急)も大和市。
 島嶼部を除けば東京都最南端。
 その町田市鶴間の南端には東京女学館大学があった(2017年、閉校)。辛うじて東京。跡地はマンションになる予定。

 界隈の主なスポットは万葉の湯とグランベリーパーク(以前はグランベリーモール)。
 どちらも出来てから随分経つが、かつてはキャノンボールシティとかデイトナパークがあった。
 IC傍の「豪華客船」も昔からある。

グランベリーパーク

 昨年(2019年)11月、まちびらき。リニューアルOPEN。
 前身はグランベリーモールで、その名のとおりアウトレットモール。一時ちょくちょく訪れていたので、「2017年で閉館」と聞いた時は「ああ(南)町田終わりか」と思ったものだが、パークとなって復活した。
 駅名も南町田駅から南町田グランベリーパーク駅へ改称。結構力入れている。
 さらにスヌーピーミュージアムが六本木の鳥居坂から移ってきたことも加わって、以前よりもテーマパークっぽくなった印象。
 冬、スケートリンクOPEN。

 隣の鶴間公園と一体化。
 こんなに人いたっけ。

南町田グランベリーパーク(minamimachida-grandberrypark.com/
 東急田園都市線 南町田グランベリーパーク駅と直結
 車の場合、R16(下道)のニトリ付近もしくは高架が終わる南町田北の交差点が入口

ピーナッツ PEANUTSwww.snoopy.co.jp/

境川

 鶴間公園の中を「水道みち」が通っているが、公園の外に出て境川へ向かうと銀色のアーチが見える。横浜水道道の水管橋。

 ここから下流へ南下すると大山道の下鶴間宿、そしてR246と八王子街道が交わる目黒。
 上流へ北上すると町田市街。
 今回は北上。

 鶴間橋の南、大和市側が公所。「ぐぞ」と読む。
 源頼朝、源義経ゆかりの公所浅間神社   
 鶴舞伝説。さらっと財宝埋めたと書いてある。

 「境川ゆっくりロード」。
 ところどころベンチがあるが、ずーっと柵があって河川敷には入れない。

 境川は高尾山の南山稜から江の島に至る結構長い河川(約52km)だが、特に大きな支流がないので、普段は流量が少なく、下流に至るまで川幅が狭い。
 昨今の気象を鑑みると小河川でさえ安全とは言えず、境川の両岸には宅地が並んでいるので、十分な調節池・遊水地が必要。

 左岸の金森で調節池建設中。地図では西田スポーツ広場。
 地下調節池で貯水量15万m3
 誘導に従って迂回したら、「建設反対」……。
 スポーツ広場が使えなくなる、近くにある遊水池が役に立っていない等々いろいろ事情があるようだ。

 鶴金橋(鶴間-金森)から上流を眺める。

 鶴金橋、下流方面。

 左岸だけど地図見ると神奈川。地図見なければ分からない。

 町田と大和の市境は境川になっているが、町田と相模原の市境は河川改修後、ところどころ流路とずれて飛地になっている。
 少しずつ解消中。

 東京神奈川トーキョーカナガワ町田神奈川マチダ。

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました