大雨 + 台風19号(10.12~13)

 今回、超大型の台風で神奈川が通り道だったので、どうなることかと思ったが、20:00~21:00ピークに足早に過ぎ去っていった。
 数回、轟音を伴った暴風が吹き抜けていったが、間断なく吹き荒れた先の台風15号や昨年の台風24号よりマシだった。

 伊豆半島上陸前の中心気圧が945hPa、神奈川県小田原周辺(推定)通過時が955hPaだったので、960hPa程度だろうか。願いが通じて少しオトロエタっぽい。
 千葉県の人も少しホッとしたことだろう。竜巻や地震もあったけど。

 横浜で最大瞬間風速43.8m/s。台風15号の時の41.8m/sを上回っているから、風向きによって感じ方が違うのか、それとも海側のほうが強く吹いたのかもしれない。とにかく60m/sじゃなくてよかった。

気象庁

 気象庁のデータをプロットしてみたところ、風速40m/s超は伊豆諸島、東京湾岸のみ。
  ※ 小笠原の父島は10日に39.2m/sを記録。
    北海道えりも岬が39.9m/s。
    データが合わないと思って調べてみたら、佐賀県大町町(8月、大雨被害)に雨量観測所が設置されていた。

最大瞬間風速、1時間降水量(最大)、24時間降水量(最大)のプロット   
 ※ 左上のレイヤーコントロールで選択

 (身の回りに限って言えば)台風15号のほうが破壊的だった。コンパクトな台風が大きな台風より劣っているということはない。中心気圧が低ければ危険。千葉県の被害をみれば明らか。
 ただ、今回の大型台風は、影響を及ぼした範囲が全然違う。風速20m/s超の地点が北海道から九州まで広がっている。

 雨に関しては1時間降水量が100mmを超えたところはないので、梅雨時の集中豪雨のほうが激しかった、という地域もあるかもしれない。
 同じ神奈川でも箱根や丹沢で延々と雨が降り注ぐ一方、東部では特別な台風という感じではなかった(よく降ったけど)。 

  ※ 岩手県 普代:95mm、小本:93.5mm、宮古:84.5mm
    宮城県 筆甫:80.5mm
    神奈川県 丹沢湖:81.5mm、箱根:85mm

 ただ、今回の大型台風の酷さは、瞬間的な破壊度よりも影響を及ぼす範囲の稀にみる広さと長時間の大雨。

 台風上陸前から大雨が酷かった。上陸する6時間前からあちこちの河川で氾濫危険水位に達していたので、どうなることかと思った。
 「これからが本番です」とか言っていたけど、ちょっと見方が変わった。
 台風がもたらす大雨は、台風本体もさることながら周辺の雨雲が及ぼす度合いが思っていた以上に大きかった。

気象庁

 昔から洪水を起こしてきた雨台風。それは雨+台風だった……。
 雨に関しては台風の東も西もあまり関係ない感じ。

一夜明けて

 静岡、山梨はもちろん相模川、多摩川、荒川~江戸川などで被害が出ないか心配だったが、一夜明けたら北関東、長野、福島、宮城などで酷いことになっていた。
  ※ 12日は国土交通省 川の防災情報の「洪水予報の発表地域」が見れなかった。

 24時間降水量をプロットしてみたら赤だらけになったので(200mm超を赤にしていた)、400mm超を赤、200~400mmをマゼンタに変えた。
 24時間400mm超は、なかなかない記録的雨量。
 岩手から三重まで広範囲にわたって(統計開始以来の)新記録続出。

  ※ 神奈川県 箱根:942.5mm、相模湖:604.5mm
    静岡県 湯ヶ島:717.5mm、梅ヶ島:613.5mm
    埼玉県 浦山:647.5mm
    東京都 小沢:627mm

 今回、東海~南関東では警戒度が高かったと思う。でも長野あたりだと新幹線が水没しているぐらいだから、ここまでの事態になるとは思わなかったのだろう。
 大型台風の場合、あまり進路にとらわれすぎてはいけないのかもしれない。
 まだ被害の全容が分かっていないのが気掛かり。

タイトルとURLをコピーしました