WordPressのバックアップ

 ブログを始めて2ヶ月。バックアップしないといけない。

 初めてWordPressを使った時は、バックアップが面倒に感じて遠ざかる一因になった。
 今回はなんとかしないといけない。

 WordPressは、いわゆる動的ページなので、記事のバックアップ以外にデータベースなどのバックアップが必要になる。

 記事だけならば、
 ツール - エクスポートで   
 .xmlファイルのダウンロードができる。ファイル容量も小さい。
 記事さえあれば、最悪の事態は避けられる。

 でも記事しかバックアップしていないとWordPress・テーマの設定し直し、プラグインのインストールし直し、画像のアップロードし直し、……。
 やっぱり最悪に近い事態。

 ということでデータベースのバックアップ。
 レンタルサーバーのログイン・パスワード入力、データベースのログイン・パスワード入力、……。

 BackWPupというプラグインが「簡単」と紹介されていたので試してみたが、復元する際、データベースをいじる。
 あまり「簡単」じゃない。

 データベースをいじらずにバックアップ&復元ができれば……。

 All-in-One WP Migrationプラグイン(servmask.com/)。
 これならば、言うことなし。

 エクスポートのエクスポート先で、ファイルを選んでダウンロード。

 バックアップから復元。
 無料で復元できる容量は512MBまでだが、現状1/10なので、当面足りる。

 これで一安心。

 でもPCもHDDも壊れる時は壊れる。経験済み。

 PC以外に外部のストレージ/クラウドにもバックアップできれば心強い。

 もしも無料で、オンラインストレージに自動バックアップしたければ、結局はBackWPupを使えるようにしないといけないが……。
 ※ まだ試していないが、UpdraftPlusというプラグインのほうが簡単らしい。

レンタルサーバーのバックアップ機能

 幸い今はレンタルサーバーがバックアップ機能を用意してくれている。

 さくらインターネットの場合、
 サーバコントロールパネル - バックアップ & ステージング
からバックアップクイック作成。
 ※ ステージングはテスト環境の構築。

 www配下のファイルがバックアップ用サーバーへ。

 ユニマルの運営するSnapup管理画面のスケジュール設定で、
 ・ 毎週か毎日か(毎週の場合は曜日も)
 ・ 時間帯
を選べば自動バックアップもできる。

 これでもう一安心。

タイトルとURLをコピーしました