初めてのサーバー引っ越し作業 -備忘録-

SITE

 昨日(7月10日)、密かにサーバー引っ越し(移行)を終えた。
 1時間程アクセス不能になった。
 その間ブラウザには『セキュリティリスクあり』とか『なりすましている可能性があります』とか表示されていたので、たまたまアクセスした人は詐欺サイトだと思って二度とアクセスしてくれないかもしれないが、
 無事引っ越し完了。

サーバー引っ越しの検討

 サーバーの引っ越しは以下3通り検討した。

  •  現行のレンタルサーバー間  
  •  他社のレンタルサーバーへ
  •  VPS(仮想専用サーバー)へ

 結果、現行のレンタルサーバー(さくらインターネット)のスタンダードからスタンダードに引っ越した。

 何の意味があるのか?

 それは同じスタンダードでも2018年より前の古いサーバーはサイト表示速度が遅いため。
 当ブログの開始は2019年だが、サーバー契約はもっと前だったので、乗り換え機を逸したまま使い続けて、今になってサイト表示速度を改善する必要性が出てきた。

 さくらインターネットの説明ではメンテナンスの際、新しいサーバーへ順次更新していくことになっていて、その対象に入ればわざわざ引っ越す必要もないが、対象外のまま更新がいつになるのか分からない。

 せっかくの機会なのでVPSで仮想マシン KUSANAGIをインストールしてみようとも思ったが、(KUSANAGI入り)サーバーOS・CentOS7のサポートが2024年6月で終了と知ってやめた。しばらく様子見。
  ※ CentOS8のサポートは本年(2021年)末で終了

 結局、一番簡単(無難)そうな引っ越しで済ませた。

 サイト表示速度が少し速くなったような気がする。
 そうでないと困るが、いろいろと要領が分かっただけでもプラス。プラス思考。

 以下、サーバー引っ越し手順の備忘録。

サーバー引っ越しの大まかな流れ

  1.  新しい[レンタル]サーバーの契約
  2.  旧サーバーからWordPressのエクスポート、(WordPress以外の)ファイルのダウンロード
  3.  新サーバーへWordPressのインポート、(WordPress以外の)ファイルのアップロード
     次項で説明
  4.  サーバーのコントロールパネルにログインしてドメイン/SSL変更手続き
     別ページにまとめた  
  1.  ドメイン/SSL変更後、新しいWordPress
     設定 - 一般
     WordPressアドレス、サイトアドレス、管理者メールアドレスを変更(初期ドメインのままなので独自ドメインに変更)
     他にも初期ドメインのままのURLが残っていたので変更   

     なお、インポート完了後、ログイン時のユーザー名、パスワードは、これまで使っていたコピー元のWordPressのユーザー名、パスワードが引き継がれる
  2.  メールが届いているか等々確認してから旧サーバー解約
     あまり急がず一定期間新サーバーと並行して運用したほうが良い

 (WordPress以外の)ファイルのダウンロード・アップロードは、サーバーのコントロールパネルにログインしてファイルマネージャーを使うかFTPソフトを使う。

WordPressのエクスポート・インポート

 WordPressのエクスポート・インポートは、データベースの取り扱いが一般向けとは言い難いが、
 以前「ブログのバックアップ」でとりあげたAll-in-One WP Migrationプラグインを使った。うまくいけば超がつくほど簡単。

 作業手順は、

  1.  [レンタル]サーバーからWordPressインストール
     インストールするディレクトリ(フォルダ)を作って、データベースを作って、インストール
     最近もう1つブログを作ったので、そちらで説明
  1.  インストールした新しいWordPressの管理画面からプラグイン(ここではAll-in-One WP Migration)を新規追加(インストール、有効化)
  2.  コピー元のWordPressからAll-in-One WP Migrationでエクスポート
     エクスポート先は「ファイル」のみ無料
  3.  エクスポートした.wpressファイルを新しいWordPressへAll-in-One WP Migrationでインポート

 作ってまもない2つめのブログは難なく引っ越せた。

 だが、1つめのブログ(当ブログ)がうまくいかなかった。
 インポートの途中で止まってしまう。
 2回目も3回目も別のところで止まって、何が原因か分からない。
 目を離している隙に止まっている。

 新サーバーと旧サーバーで使われているPHPのバージョンは合っている。

 WordPressのバージョンが合っていなかった。コピー元のWordPressが5.6、新しいWordPressが5.7だった。
 コピー元のWordPressのバージョンを5.7に更新した後、エクスポートして、新しいWordPressにインポートしたら成功。4度目の正直。

 これまでAll-in-One WP Migrationで定期的にエクスポート(バックアップ)して、その度に一安心と思っていたが、インポートできなければ意味がない。
 また、バックアップからの復元はファイルサイズ関係なく有料になっていた。

 バックアップの手段は2つ3つ確保しておいたほうが良いと思った。

 インポート失敗のたびに[レンタル]サーバーから
 インストール済みWordPressを削除して、データベースを削除して、
 もう一度WordPressインストール。データベースを作って……。

 またかーと言いながら同じ作業を繰り返していると魔がさす。
 くれぐれもコピー元の旧サーバーで削除しないよう要注意。

All-in-One WP Migration エクスポート・インポート -備忘録-

 All-in-One WP Migrationのエクスポートは512MBまで無料。
 インポートも512MBまで無料だが、画面を見たら最大アップロードファイルサイズは512MBになっていなかった。使っているサーバーによって違うようだが5MBになっていた。

 「最大アップロードファイルサイズを上げる方法」がいくつか書いてあったが、うちeasyとされているプラグインについては有料の「プレミアム」しか選択できなかった。無料で使える「ベーシック」が最近まであったようだが見当たらなかった。

 別の方法として
 .htaccessファイルに以下の2行を加えたら512MBになった。

post_max_size = 512M
upload_max_filesize = 512M

 ※ phi.iniファイルにも加えてみたが、512MBにならなかった
   (引っ越し前の)サーバーのルート(home/アカウント名/www/)下に.htaccessファイルとphp.iniファイルがある

 ファイルサイズが512MBを超えていてもメディアライブラリ(画像関連)を分けてエクスポートすれば、ファイルサイズを減らすことができる。 
 All-in-One WP Migrationのエクスポートの際、高度なオプションで「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェックする。

 当ブログのエクスポート・ファイル .wpressは約330MBでまだ余裕があるが、インポート失敗が続いたので、メディアライブラリを分けてエクスポートした。その結果、.wpressファイルのサイズは全体の半分に満たない約140MB。

  •  約140MBの.wpressファイルを先に新しいWordPressへインポート
  •  残りのメディアライブラリは、前述のファイルマネージャーかFTPソフトを使ってダウンロード・アップロード
     ダウンロード・アップロードするフォルダは、WordPressがインストールされているディレクトリ(フォルダ)のwp-content/uploadsフォルダ

 以上、備忘録でした。

 追)WordPressのリビジョン機能停止、自動保存間隔変更は、もう一度設定ファイル wp-config.phpに手を加える必要がある。

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました