日本地図 色塗り -豚コレラ-

 地図を描いて、地点をプロットして、線を引いて、もう1つ作れるようにしたかったのが、色塗り(色分け)。「コロプレス(統計表現地図) Choropleth」で検索すると色々ひっかかってくるが、簡単そうにみえて簡単ではなかった。

 手順は、

  行政界(国、都道府県、市町村など)の地図データを用意する。ダウンロードできる。

  地図データ(のファイル)と統計データ(のファイル)を関連づける。いわゆる紐付け。

  階級分けして描画する。

 こんな感じ。

 もう少し具体的には、

  シェープファイル Shapefile .shpの取り扱い、JSONファイルへの変換。

  mapshaperというツールを利用して地図データ(のファイル)と統計データ(のファイル)を結合。

  最後の描画については、leafletRというR言語のパッケージを使うとHTMLを自動生成してくれる。オンライン地図に重ね合わせて見ることができる。

 まだ、すらすら作れない。

豚コレラ発生府県の色塗り   

 図の赤色は、ただいま豚コレラ渦中の県。
 橙色は、一部地域で発生、今後広がる恐れがある県。
 黄色の滋賀県・大阪府は、愛知県豊田市の農場の関連農場で軽微。

 ちなみにブタコレラではなくトンコレラ。コレラは細菌、トンコレラはウイルス。

 昨秋、岐阜市で発生してから、なかなか収束に至らず。

 7月以降、岐阜・愛知の2県から三重県・福井県などにも広がりつつある。

 ブタちゃん可愛そうに延べ10万頭以上殺処分されている。どのみち食べられる運命だから……などと思ってはいけない。

 農林水産省のHP 豚コレラについて   → www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf

にこれまでの経過など詳細が掲載されている。

年月日自治体
342019年7月29日福井県越前市
332019年7月27日岐阜県恵那市
322019年7月24日三重県いなべ市
312019年7月10日岐阜県七宗町
302019年7月8日愛知県長久手市、
292019年7月3日岐阜県恵那市
282019年6月29日愛知県西尾市
272019年6月23日岐阜県関市
262019年6月12日愛知県田原市
252019年6月5日岐阜県山県市
242019年5月25日岐阜県山県市
232019年5月17日愛知県田原市
222019年4月22日愛知県瀬戸市
212019年4月21日愛知県田原市
202019年4月17日岐阜県恵那市、
192019年4月10日愛知県瀬戸市
182019年4月9日岐阜県恵那市
172019年3月30日岐阜県美濃加茂市
162019年3月29日愛知県田原市
152019年3月29日愛知県瀬戸市
142019年3月28日愛知県田原市
132019年3月27日愛知県瀬戸市
122019年3月23日岐阜県山県市
112019年3月7日岐阜県山県市
102019年2月19日岐阜県瑞浪市
92019年2月13日愛知県田原市
82019年2月6日愛知県豊田市、
72019年1月29日岐阜県各務原市、
62018年12月25日岐阜県関市
52018年12月15日岐阜県可児市
42018年12月10日岐阜県関市
32018年12月5日岐阜県美濃加茂市
22018年11月16日岐阜県岐阜市
12018年9月9日岐阜県岐阜市

 表にはないが、7月以降、長野県で豚コレラ陽性の野生イノシシが急増中。
  木曽町、根羽村、木祖村、上松町、大桑村、塩尻市、松本市、辰野町、王滝村、

 これはチョコレラかな。

 なんだかアウトブレイクっぽい。

 もうすぐ発生から1年になるが、収束するのだろうか。

 人には感染しない(感染例がない)。
 それは結構。

 万が一食べてしまっても健康への影響はない(らしい)。
 これはコレラ豚。

 感染力が強いといっても国内における発生は、1992年以来(熊本県で発生)、26年ぶり。

 岐阜市で発生に至った原因、感染経路うやむや。

 収束どころか目下拡大中。

 もっと強力なアフリカ豚コレラがチャイナ Chinaで流行。

 出血熱ウイルスの輸入とか嫌な予感がする。 

MAP
スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました