2019-12

LAND(風土)

湘南(西湘)

 China 湖南省の洞庭湖へ南から流れ込む湘江の名をとって湘南だとか何だとか。もともと相模の南だから相南なんだよ。へ~、そうなんだ。平塚の東も湘南。上の理屈だと三浦までみな湘南。とりあえず平塚までの西湘エリア。
TIME(史)

統合型リゾート IR

 IR Integrated Resort。いわゆるカジノ Casino。IRはカジノだけじゃない、といっても参入業者はカジノ業者。BSE、CSF、IR アイアール。
MAP

続・豚コレラ

 収束するどころか感染拡大が止まらなかった豚(トン)コレラ。今年の漢字を選ぶなら「凶」だが、改元元年から「凶」では縁起が悪いので次点を繰り上げて「豚」。
LAND(風土)

箱根峠~熱海峠

 箱根峠~熱海峠(十国[峠]ドライブウェー)は、快適なドライブコース。箱根峠の北は、芦ノ湖スカイライン。熱海峠の南は、伊豆スカイライン。箱根峠~湯河原峠
LAND(風土)

真鶴(マナヅル)

 真鶴の玄関口は真鶴駅。車も駅前が入口。R135。海岸沿いの道と山まわりの道が岬へ続いている。バスは伊豆箱根バスと真鶴町コミュニティバス。駅~岬(海岸沿い)が伊豆箱根バス。駅~岬(山まわり)と岩地区がコミュニティバス。
TECH(工科)

電池「史」 その2

 ボルタ電池以降、電力低下を抑えて、より長持ち(電池容量大)で、よりハイパワー(電流大)な電池が生み出されてきたが、充電して繰り返し使える二次電池も身近な電池。
TECH(工科)

電池「史」 その1

 2種類の金属、亜鉛板と銅板を液体に浸したら電気が流れた。水でも微弱な電流が流れるが、レモンやオレンジの果汁など酸性の液体に浸したらビビッと電気が流れて電池の開発が始まった。
BOOK(本)

ロウソクの科学 -ファラデー-

 『ロウソクの科学 マイケル・ファラデー著 矢島祐利訳 岩波文庫 1933』。原本は『The Chemical History of a Candle 1861』。ファラデー先生の講義内容をウィリアム・クルックスが編纂して、のちに翻訳された本。
LAND(風土)

ミナトヨコハマ(横浜港) 新港埠頭

 2019.11、新港ふ頭客船ターミナルOPEN。3ヶ所目のターミナル。今は遺構と化したハンマーヘッドクレーン(2001年まで稼動していた貨物の積み降ろし用のクレーン)から名をとって、横浜ハンマーヘッド。
LAND(風土)

ミナトヨコハマ(横浜港)

 横浜の海を漠然と横浜港と呼んでいることが多いが、今日、その中心は大桟橋(大さん橋)、山下公園。安政6年(1859年)6.2、横浜開港。西へ新港埠頭、みなとみらい……。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました