ミナトヨコハマ(横浜港)

 横浜の海を漠然と横浜港と呼んでいることが多いが、今日、その中心は大桟橋(大さん橋)、山下公園。
 安政6年(1859年)6.2、横浜開港。
 西へ新港埠頭、みなとみらい……。
 この界隈いわゆるベイ・エリアが横浜の一般的なイメージの8~9割を占めると言ったら言い過ぎか。

 山下公園から先は、山下埠頭、本牧埠頭、南本牧埠頭と続いて、さらに磯子、金沢。
 ここまでが横浜港。
 今日の横浜漁港は金沢。浜も金沢。
  漁港は金沢の他、本牧などにもある。

 あらためて海岸線を見ると倉庫、工場、発電所、製油所、……。
 関係者以外立ち入れない所だらけ。

 横浜港を走る水上バスは、
 横浜クルージング シーバス
  横浜駅東口~みなとみらい ぷかり桟橋~赤レンガパーク~山下公園
 の他、
 京浜フェリーボート
  日本丸メモリアルパーク~運河パーク~象の鼻桟橋~大さん橋[ふ頭ビル]
 がある。

大桟橋(大さん橋)

横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル(osanbashi.jp/
 最寄の駅 日本大通り
 関内駅からは徒歩約15分

 大桟橋からは伊豆諸島(大島・利島・新島・式根島・神津島)へ東海汽船が出ているが、大型客船が一部寄航するのみ(週末の夜中発)。
 高速ジェット船は寄航しない。

 よって見かける機会が多いのはクルーズ船。

 隣の山下公園から毎日クルーズ船が出ている。
  横浜クルージングの観光船 マリーンシャトルとレストラン船 マリーンルージュ。

 大桟橋から(ほぼ)毎日出ているクルーズ船「ロイヤルウイング」はレストラン船

左の船はマリーンシャトル、その左に見える赤い「点」は赤灯台

 おー、泊まっているじゃん。

 横浜港は日本郵船 飛鳥Ⅱ(ASUKA Ⅱ)の母港。

右の四角い目立つ建物は大さん橋ふ頭ビル

 ゴロンゴロンしたくなるウッドデッキ。

 いい見晴台。

 飛鳥Ⅱに接近。 

前方にハマウィング

 クルーズ客船の寄航日は、
 横浜市港湾局 - 客船・クルーズ(www.city.yokohama.lg.jp/kanko-bunka/minato/) - 横浜港客船入港情報
 にて確認できる。

特記

 2019.4、大黒ふ頭客船ターミナル 供用開始。
  海外の豪華客船が大型化して横浜ベイブリッジ(高さ55m)をくぐれなくなってきたので、ベイブリッジの手前に整備。
   干潮時を見計らってくぐっていたこともある。
  同時にベイブリッジのスカイウォーク(大黒側のみ)も復活。客船着岸日に展望施設を開放。
   2010年から閉鎖状態だった。
  ベイブリッジを渡るバス --- 横浜市営バス109系統。

 2019.11、新港ふ頭客船ターミナル(横浜ハンマーヘッド) 供用開始。
  大黒ふ頭に続いて3ヶ所目のターミナル。

 山下埠頭 再開発 ・・・ 「ハーバーリゾート」。
  客船ターミナルができる予定。
  今も時折クルーズ船が着岸している。
  昨今、横浜市がカジノ誘致を表明して揉めているが、ここが候補地。
  横浜市 vs 横浜港運協会

大桟橋から山下埠頭
左の船はロイヤルウイング、右の船は氷川丸

 本牧埠頭
  ここにも将来、客船ターミナルが……。

タイトルとURLをコピーしました