【多摩川下流】 川崎中原 小杉/丸子~等々力緑地

JAPAN(日本)

 武蔵小杉東側の住所は新丸子、上丸子、中丸子。下丸子は東京都大田区。
 今回歩いたのは反対側。

中原街道 小杉[宿]

  •  武蔵小杉駅、新丸子駅 - 小杉陣屋町

 江戸・虎ノ門と相模の平塚を結ぶ中原街道は、江戸時代に東海道が整備されるまで主要街道だった。
 なかでも江戸時代初めの約50年間、徳川将軍の御殿が小杉の地にあり、界隈で一番賑わっていたとされる。

 その中原街道 小杉[宿]までは新丸子駅のほうが近いが、武蔵小杉駅から北へ直進してもどこかしらで出合う。

 東急武蔵小杉駅前 - 医大正門通り - 新丸子駅西口本通り出合 - 陣屋門

 駅前から歩道橋渡って北へ直進し続けたら(途中から細道)門の前に出た。原家旧住宅表門(陣屋門)/原家旧住宅稲荷社。中は屋敷ではなくマンションだが、小庭園になっている。元の母屋は生田緑地の日本民家園へ移築。

 陣屋門 - 安藤家(旧名主家)長屋門 - 石橋醤油店 - 「カギ」の道

 このあたりが元の小杉。
 武蔵小杉駅周辺は人がおおすぎ。

 小杉陣屋町の小杉陣屋とは、天領代官の小泉次大夫が二ヶ領用水を開削するため、1597年、小杉の地に設けた陣屋。
  ※ 二ヶ領用水の二ヶ領とは、武蔵国稲毛領・川崎領。府中街道(現R409)沿い。
 のち1608年、陣屋の西隣に小杉御殿が造られた。

 中原街道の「カギ」の道から多摩川にかけて小杉御殿があり、その御殿を守るべく道がクランク状に曲げられた、とのこと。

 西へ西明寺参道が続いている。

「カギ」の道 - 西明寺参道

 いずれ斜めに直線化されるようだ。

 さらに中原街道を西へ進むと府中街道との小杉十字路に出る。
 近くに吉良氏ゆかりの泉澤寺がある。

 なお、中原街道の中原の名は終点・平塚の中原に由来する。

等々力緑地

  •  小杉陣屋町 - 西明寺 - 小杉神社 - 等々力緑地
  •  武蔵中原駅 - 等々力緑地
  •  等々力緑地 - 多摩沿線道路 等々力

 などなどかではなく「とどろき」と読みます。
 等々力渓谷は東京都世田谷区。
 等々力緑地の最寄の駅は武蔵中原か新丸子。武蔵小杉駅から徒歩約20分。

 「カギ」の道から参道歩いて西明寺。
  ミツウロコは北条家の紋。
  室町時代、(宮前区の)有馬[温泉]からこの地に移ってきた、とのこと。

 近くに小杉神社
  等々力緑地の南入口。元は杉山神社。

等々力陸上競技場
 川崎フロンターレ(www.frontale.co.jp/)本拠地
 武蔵小杉駅、武蔵中原駅からバス 「市営等々力グランド入口」下車
  溝ノ口、高津からもバス有り
 ホームゲーム開催時、武蔵小杉駅からシャトルバス有り

 等々力レストハウス

 等々力釣池
  砂利採掘跡の水溜りで、他にもいくつか点在していた、とのこと。
  思っていたより広くて和めた。

右が等々力陸上競技場

 等々力球場、とどろきアリーナ、……。

 市民ミュージアム周辺が森(緑地)。多摩川から程近い。
 市民ミュージアムは昨年(2019年)10月の台風19号で浸水。堤防が決壊したわけではなく大雨による内水氾濫で地下の収蔵庫が水没。収蔵品の約9割が水浸し。
 1年経っても閉館中。ミュージアムとしての存続は困難のよう。移転の可能性も。

 ミュージアム前の黒色の物体は、トーマス転炉という製炉。

 緑地外だが、とどろきアリーナの西に春日神社、常楽寺がある。
 常楽寺は本堂の至るところに漫画が描かれている「まんが寺」。見学は要予約。

Link、

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました