【横浜】 北仲エリア

JAPAN(日本)

 北仲(キタナカ)と聞いても地元の人でないとピンと来ないかもしれないが、新・横浜市役所(横浜新市庁舎)があるところ。
 桜木町といえば桜木町、関内といえば関内。
 北仲通、南仲通は関内の神奈川県庁前まで続いているが、北仲エリアと呼ばれているのは馬車道駅(みなとみらい線)一帯。桜木町駅から近い。

 かつて一帯は倉庫群。ツタ這った建物があった。
 立ち入るような所ではなかったが、北仲橋が架かって、横浜アイランドタワーが建って(2003年)、みなとみらい線が開通して(2004年)……。
 それでも通ることのないエリアだったが、今春立ち寄ってみた。

 昨年(2020年)から横浜スタジアムのセンター~レフト方向に見慣れない高層ビルが映り込むようになって気になっていた。
 ランドマークタワーの手前で結構目立つ。
 その正体はザ・タワー横浜北仲。タワーマンション。
 その隣(向かい)の高層ビルが横浜新市庁舎。

 ジャン。汽車道から見た3タワー。

 一番右が横浜新市庁舎。高さ155m。2020年、関内駅南口から移転。先日市長選挙
 その左、支柱との間が横浜アイランドタワー。高さ119m。
 支柱の左がザ・タワー横浜北仲。高さ200m。

 支柱じゃま、山側ならいいのに---。
 文句言ったせいかYOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)姿見せない。

 この日は強風のため運行見合わせ。

 エアキャビンの終点は運河パーク。

 北仲橋から見た運河。

左が汽車道

 実のところ運河と思って眺めたことはない。
 海岸通だから海岸だった。

 北仲橋から万国橋まで水際線プロムナードを歩く。

  •  桜木町駅 - 北仲橋 - 北仲ノット/馬車道駅 - アパホテル - 万国橋

 北仲橋からプロムナード入口が日本の灯台[事業]発祥の地。灯台建設のための灯台局が置かれた所とのこと。

 対岸の汽車道は、

北仲ノット

 北仲ノットとは、「ザ・タワー横浜北仲」とタワー下の商業施設「北仲ブリック&ホワイト」。ブラックでなくブリック(レンガ)。ノット knotは「結び目」の意。新旧融合。

北仲ブリック&ホワイト(kitanaka-brickandwhite.yokohama/
 馬車道駅直結
 2020年6月OPEN

 Billboard Live YOKOHAMA(ビルボードライブ横浜)
 ・
 ・
 ・

 帝蚕倉庫の跡地。日本各地から集められた生糸を保管、検査していたところ。
 倉庫群は取り壊されたが、一部復元された。それが北仲ブリック。南隣(ブリック・サウス)が旧帝蚕倉庫事務所。
 通路(歴史広場)挟んでタワー側が北仲ホワイト。

 北仲ブリックの東隣の横浜第二合同庁舎(高層ビルでないほう)がかつての生糸検査所。

左側が北仲ブリック

 タワーマンションだが、46F(階)にレストラン「THE YOKOHAMA BAY」がある。
 46-51Fがホテル「オークウッドスイーツ横浜」。

 行ける。
 1Fから46Fまでノンストップのシャトルエレベーターがある。
 早っ。

 ジャジャン。横浜アイランドタワー屋上と横浜新市庁舎(右下)。
 58F200mで新市庁舎155mだから高さ150mくらい。

 間に見える川が大岡川。大岡方面。

 おおお。緑のドーム屋根は神奈川県立歴史博物館。

右下:横浜アイランドタワー

 ミナトヨコハマ。赤レンガ倉庫、大さん橋、ベイブリッジ、……。

 レストラン側でもう1枚。眼下に汽車道。ラララランドマーク。

 緊急事態宣言出ていない時だったが、人いなかった。今のところ穴場。

 北仲ノットと運河の間の大駐車場も開発予定。
 古い地図見ると「海岸通団地」。
 2027年完成目指して大型複合施設(商業施設、オフィス、居住施設)建設予定。

Link

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました