GADM行政界データからU.K.描画(+ TopoJSON)

 前回の続き。

 GADMデータ(シェープファイル .shp)から行政界描画までの過程のうち一番最後のTopoJSONから行政界描画までの部分を説明し忘れていた。

 基本的には『R言語 + Leafletでコロプレス』のleafletRでコロプレス
でやったことと同じ。色塗り(色分け)の部分を省いただけ。

 R言語のleafletRパッケージで作成されたHTMLの中の
 // styling
の部分を少しいじった。

  もう少し説明を加えると
 // stylingの中のfunction getValue(x) { }を削って、function style1(feature) { }の中で線の色 colorを変えた。

 U.K.の行政界データをオンライン地図 OpenStreetMapに上乗せしてみる。

GADMデータからU.K.描画   

 level-1(adm1)はイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド。
 その下のlevel-2(adm2)まで作成。
 州と市レベルの自治体などが混在している。

TopoJSON v3

 TopoJSONはv2(version2)以降(現在はv3)、コマンドが変わってしまったのでv1からアップデートしていなかったが、
 Linuxをインストールしたついでにv3をインストールしてみた。

 conda環境が使えるので、ターミナルエミュレーターから 

conda install nodejs

でNode.jsをインストールした後、

npm install -g topojson

でインストール。

 v1の時の説明は下のページ。基本的に同じ。

 v1では

topojson -p NAME_1 -o gadm36_GBR_1.topojson gadm36_GBR_1.geojson

で変換できたが、v2以降は、

geo2topo -q 1e5 gadm36_GBR_1.geojson > gadm36_GBR_1.topojson

といった具合。

 -pで属性(列)を選んで残すことができない。

 ファイルサイズもv1の時ほど小さくならない。
 -q 1e4とか-q 1e3にすれば小さくなっていくが、
  ※ 1e5 = 100000、1e4 = 10000、1e3 = 1000
この-q quantization (量子化)のオプションがいまいちよく分からなかった。
 mapshaperで簡素化できるからいいけど……。

 以下のページが詳しい。

TopoJSON v2, v3の使い方 -コマンドライン編-   

 

 

MAP
スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました