【横浜】 里山ガーデン、ズーラシア

JAPAN(日本)

 3月21日に緊急事態宣言が解除されて、1ヶ月経たないうちに大阪、東京など都会は再びウイルス蔓延。

 短い春のひととき。
 花見て喧騒忘れる。

里山ガーデン

 2017年開園以降、里山ガーデン里山ガーデン……と耳にして、
 いつでも行けるだろうと思っていたが、
 行ける時に行っておくべきだった。
 悔みつつ初訪問。

 場所はよこはま動物園ズーラシアの隣。隣といってもズーラシア正門から10分程歩くが、無料シャトルバスが出ていた。ズーラシア北門からは徒歩5分。

里山ガーデン(www.satoyama-garden.jp/

 入口(出店有り)から大花壇へ。
 来てみるまで混み具合が分からなかったが、花見で喧騒、じゃなくて良かった。

花の見晴らしデッキから

 大花壇は春(今年は3月27日から5月9日まで)と秋(9-10月)のみ開場。
 昨春は中止だった。

 園芸品種はあまりよく分からないが、
 パンジー(スミレ科)とチューリップ(ユリ科)。

 比較的背丈の高いルピナス(マメ科)、ラナンキュラス(キンポウゲ科)が目を引いたが、やはりチューリップは存在感がある。子供の頃から身近にあったが故か何とも思わなくなっていたが、近年好きになりつつある。白からピンクに変わる「ラバーズタウン」という品種もある。

 ガーデンベアのお願い!。  

奥はフォレストアドベンチャー・よこはま

 大花壇から離れて外周園路へ。
 脇にフォレストアドベンチャー・よこはま(2019年OPEN)、トレイルアドベンチャー・よこはま(2020年OPEN)。

 横浜の里山風景。

この先は四季の森方面

 都筑(つづき)の里山だが、都筑区ではなく旭区、緑区。
 横浜の西部は武蔵と相模を分かつ多摩丘陵。

ズーラシア

 里山ガーデンと両方見て回ろうとすると結構歩くと思う。
 現在、土・日の入園は要予約。
 今回ズーラシアには入らなかった。

よこはま動物園 ズーラシア(www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

 ズーラシアは世紀末(1999年)、開園。

 ユーラシアをもじってズーラシア。
 ヨーロッパをもじるとズーロッパ。

 ズーラシアの看板獣・オカピ(キリン科)はアフリカ出身。

 オカピ、カピバラ、ライオン、……。

 気に入った動物はマレーバク。

 ウォークイン・バードケージ(歩いて入れる鳥かご)が良かった。

 ズーラシアはまたいつか。

交通

 鉄道・バスは、

で「よこはま動物園」。

  土・日の日中のみ「よこはま動物園北門」まで(鶴ヶ峰駅、中山駅から)。

  里山ガーデンの東入口の最寄りバス停は「西ひかりが丘」(鶴ヶ峰駅から)。

 車は、

  •  《東名高速道路》 ← 横浜町田IC → 《保土ヶ谷バイパス》 ← 下川井IC → 《14-45 中原街道》 - 動物園入口 - ズーラシア
  •  
  •  
  •  
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました