【コンピューター】 UNIX時間の処理

ICT

 前回、USGSのサイトからダウンロードして使ったデータの”time”が13桁の数字だったので日付の処理をしなかったが、やっぱり付け加えることにした。

 データ(leaflet-eq2-6.geojsonファイル)の一部(熊本地震)が下。 

{"type":"Feature","properties":{"mag":7,"place":"1km E of Kumamoto-shi, Japan","time":1460737506220,"updated":1597451794387,"tz":540
,"url":"https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us20005iis"
,"detail":"https://earthquake.usgs.gov/fdsnws/event/1/query?eventid=us20005iis&format=geojson","felt":75,"cdi":9.1,"mmi":8.717,"alert":"red","status":"reviewed"
,"tsunami":1,"sig":2068,"net":"us","code":"20005iis"
,"ids":",at00o5oo9v,pt16106053,us20005iis,gcmt20160415162506,atlas20160415162506,
","sources":",at,pt,us,gcmt,atlas,"
,"types":",cap,dyfi,finite-fault,general-text,geoserve,ground-failure,impact-link
,impact-text,losspager,moment-tensor,nearby-cities,origin,phase-data,poster,scitech-link,shakemap,tectonic-summary,","nst":null,"dmin":0.349,"rms":0.85,"gap":32
,"magType":"mww","type":"earthquake","title":"M 7.0 - 1km E of Kumamoto-shi, Japan"}
,"geometry":{"type":"Point","coordinates":[130.7543,32.7906,10]},"id":"us20005iis"},

 Leafletでプロットした地図の熊本のポップアップが下。

 timeが1460737506220

 1970/1/1 0:0:0 (UTC)を起算時(=0)としたUNIX時間。

 2016/4/15 16:25:06 (UTC)のUNIX時間は、1460737506220ミリ秒(=1460737506.220秒)。

 UTCは協定世界時。グリニッジ標準時(世界標準時) GMT = UTC + 0[h]。
  ※ UTCとGMTは時[h]単位では同じ。秒[s]単位では違う

 日本標準時 JST = UTC + 9[h]。
 兵庫県明石とロンドン・グリニッジの時差9時間。
 ロンドンより9時間進んでいるので、
 2016/4/15 16:25:06 (UTC) = 2016/4/16 1:25:06 (JST)

 UNIXはLinuxの祖。
 Linuxのターミナルエミュレーターで、
 date -d '@1460737506.220'
  ⇒ 2016年 4月 16日 土曜日 01:25:06 JST
 date -u -d '@1460737506.220'
  ⇒ 2016年 4月 15日 金曜日 16:25:06 UTC

 1970年より前は-の値。
 例えば、
 date -d '@-1460737506.220'
  ⇒ 1923年 9月 18日 火曜日 16:34:53 JST

 LeafletはJavaScriptなので、

var unixtime = new Date(feature.properties.time);
var time = unixtime.toLocaleString();

で、日本標準時 JSTの値に変換。

 toLocaleString()

 toUTCString()
にすると世界標準時 GMT ≒ 協定世界時 UTCの値。   

 参照
  JavaScriptプログラミング解説 Dateオブジェクト(so-zou.jp/web-app/tech/programming/javascript/grammar/object/date.htm
  ・ 
  ・ 
  ・ 

 以下、Leaflet(leaflet-eq2.htmlファイル)の一部。

$.getJSON("leaflet-eq2-6.geojson", function(data) {
var point = L.geoJson(data, {

	pointToLayer: function (feature, latlng) {
	if (feature.properties.mag >= 7) {
	return L.circle(latlng,10000, {
	color: 'red'})
	}
	else {
	return L.circle(latlng,4000, {
	color: 'magenta'})
	}
	},

	onEachFeature: function (feature, layer) {

	var unixtime = new Date(feature.properties.time);
	var time = unixtime.toLocaleString();

	layer.bindPopup(feature.properties.place + "<br>M" + feature.properties.mag + "<br>深さ" + feature.geometry.coordinates[2] + "km<br>" + time + " (JST)<br>" + "<a href = " + feature.properties.url + ">USGSのページ</a>");
	}
});
point.addTo(map)
});

 ついでに震源の深さも付け加えた。
 feature.geometry.coordinates[2]が、GeoJSONデータの"coordinates":[130.7543,32.7906,10]}10の部分。


 HTMLファイルのscriptタグ(JavaScript)の中に

<html>
<script>
var gorin = new Date('2021/7/23 00:00:00');
var gorigorin = gorin - Date.now();

document.write(gorigorin/1000/60/60/24);
</script>
</html>

と記せば、現時点から2021/7/23 00:00:00までの日数がブラウザに表示される。

 『……普通はない』五輪。
 普通じゃないので開催。
 あと47.09……日 ≒ 48日(6月5日時点)。

 追)WordPressではショートコード </>カウントダウンがある
   年月日を入力すると
   0

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました