EPUB本

 .epubファイルの中身は、
 |
 ├─ META-INFフォルダ
 |  └─container.xml
 ├─ OEBPSフォルダ
 |  ├─ Imagesフォルダ ・・・ 画像 .jpg、.png、
 |  ├─ Stylesフォルダ ・・・ スタイルシート .css
 |  ├─ Textフォルダ ・・・ テキスト .xhtml
 |  ├─ content.opf ・・・ オープン・パッケージ・フォーマット
 |  └─ toc.ncx ・・・ ナビゲーション
 └─ mimetypeファイル
 で、割と簡素。

 Textフォルダの中身が本体で
 ----------
 本文 text01.xhtml、text02.xhtml、text03.xhtml、……
 目次 nav.xhtml
 表紙 cover.xhtml
 奥付 oku.xhtml
 ----------

 .xhtmlファイル(ファイル名は任意)は、content.opfの<manifest> </manifest>および<spine> </spine>とリンクしている。

 EPUBビューア(リーダー)は、content.opfから順次読み込んでいく。

 toc.ncxはナビゲーション(目次)ファイルだが、EPUB3からTextフォルダ内の.xhtmlファイル(nav.xhtml)を読み込む仕様に変わったので、いじらなくてもよい。

 その他、Stylesフォルダ内の.cssファイルで各種指定。ちょっと細かいので、

 以前まとめたEPUBのページ   

 を参照。

 以上の内容は、EPUB3対応のオーサリング・ソフトを使えば、知らなくても問題ない(おそらく.epubファイルを解凍する必要性は生じない)。

 ビューアによって表示がまちまちで、イメージどおりの表示にならないこともある。
 特に(初めての)表紙づくりにてこずった。

EPUBCheck

 推敲し終えたら“出版”(作業としてはアップロード)……。

 その前にEPUBCheckを通しておく。

 EPUBCheckツールのダウンロード先   

 epubcheckフォルダをCドライブの下に置いた場合、○○○.epubも同じ場所に置いて、コマンド・プロンプトから

cd c:/epubcheck
java -jar epubcheck.jar ○○○.epub

 と入力する。
 エラーが出たら修正する。
 最初はエラーのオンパレードで、修正というより必要なさそうな箇所を次々と削った。削りすぎてエラーが出たりもしたが、全般的にはcontent.opfの修正が多かった。

タイトルとURLをコピーしました