パイソン Python - ベースマップ Basemapの導入

 Basemapライブラリの存在を知ったことがPythonを使い始めるきっかけとなった。

 まずPythonのサイト(www.python.org/)からインストール。2.××と3.××の2つのバージョンがある。

 インストールし終えたらコマンドラインから

python

と入力して起動。

2*3

 ⇒ 6
とか

2**3

 ⇒ 8 ・・・ 2の3乗
とか

10/3

 ⇒ 3.333……
  ※ Python2では小数点以下が切り捨てられて3になる。
    10.0/3、1.0*10/3などで3.333……になる。
とか

x=[1,2,3,4]
sum(x)

 ⇒ 10 ・・・ 合計
とか簡単な計算ができる。

 平均は

sum(x)/4

 ⇒ 2.5
でもよいが、

import numpy as np
np.mean(x)

でも同じ。

 sin、cos、tanなどもNumPyライブラリ(www.numpy.org/)を利用。
 より高度な数値計算が必要な場合、SciPyライブラリ(www.scipy.org/)を利用。

 グラフなど平面図を描画するための
 matplotlibライブラリ(matplotlib.org/)も多用されている。

 他にも様々なライブラリがあるが、1つ1つpipコマンドでインストールするよりも

 アナコンダ ANACONDA(www.anaconda.com/)などのディストリビューションで一括してインストールしたほうが容易かつ無難。
 上記NumPy、SciPy、matplotlibなど諸々のライブラリが含まれている。

 Basemapライブラリは別途インストールする必要がある。

 matplotlib Basemap Toolkit documentation(matplotlib.org/basemap/)から説明にしたがってダウンロード、インストールしてみたが、うまくいかなかった。

 コマンドラインで

conda

と入力した後(あるいはANACONDA付属のAnaconda Promptから)

conda install basemap

と入力したらうまくいった(もちろんオンラインで)。

conda list

でインストール済みのライブラリを確認できる。

 なお、今後はBasemapからCartopyに代わっていく、とのこと。

MAP
スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました