R言語のleafletパッケージ

 R言語でleafletパッケージを使ってLeafletに描画してみる。

 詳細はLeaflet for Rのページ(rstudio.github.io/leaflet/)。

 紛らわしいけどleafletRパッケージとは別。

 leafletRで描画したコロプレスは、それ自体十分分かる地図なので、背景のオンライン地図がなくても構わないが、R言語で処理してからLeafletで描画したい、といった局面もあるだろう。多分。

 ちょっと戸惑ったのは%>%という表記。パイプ演算子。
 以前は見かけなかったのに、ご無沙汰していた間に使われるようになっている。

 意味も分からず、tidyverseなるパッケージをインストールしたら、ちょっと待ってくれと言いたくなるほど色々インストールされたが、その中のmagrittrパッケージが、%>%を使うためのものらしい。

 ※ library()
   で、(インストール済みの)利用可能なRパッケージ一覧が表示される。

 leafletパッケージをインストールして

library(leaflet)

で呼び出した後、

map <- leaflet()
map <- addTiles(map,'https://tile.openstreetmap.jp/{z}/{x}/{y}.png')
map <- setView(map,150.00,34.50,3)
map <- addPolylines(map,c(144.75,131.47),c(13.47, 34.50),color="orange",weight=3)
map <- addPolylines(map,c(202.15,140.10),c(21.31 , 39.72),color="red",weight=3)
map

 通常、Leafletで線引きすると

L.polyline([[13.47 , 144.75],[34.50 , 131.47]],{ "color": "orange", "weight": 3})
.addTo(map);

といった具合になるので、 緯度・経度の順序とまとめ方が異なる。

 なお、デフォルトでOpenStreetMapなので、

map <- addTiles(map)

でも同じ。

 これが%>%を使うと

map <- leaflet() %>%
addTiles('https://tile.openstreetmap.jp/{z}/{x}/{y}.png') %>%
setView(150.00,34.50,3) %>%
addPolylines(c(144.75,131.47),c(13.47,34.50),color="orange",weight=3) %>%
addPolylines(c(202.15,140.10),c(21.31,39.72),color="red",weight=3)
map

 座標や色などを変えてもmapを変えないとmapに重ねて描画されるので、%>%を使ったほうが良いのかな、と思わなくもないけど、
 いまのところ、従来の表記でいいかな。

 HTMLが生成されるので、フォルダごとアップロードすればOK。今回は割愛(結果の画像のみ)。

MAP R
スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました