3万年前の航海 完結?

 国立科学博物館のプロジェクトです。
 『3万年前の航海 徹底再現プロジェクト』(www.kahaku.go.jp/research/activities/special/koukai/)。

 2019年7月、丸木舟で2日間(約45時間)かけてタイワン(台湾)から与那国島まで航海、無事到着。

 与那国島~西表島の草舟による航海実験(2016年)以降、結構気になっていたプロジェクト。

 草舟では渡れない。
 竹筏でも渡れない。
 丸木舟で黒潮を渡ることができた。航海実験は成功。

 実験 + 冒険 ⇒ ロマン
 です。

ちょ、ちょっと待って

 個人的に気になっていたのは、もし丸木舟で渡ることができたなら

 沖縄から北へ広がっていった日本人の祖先は、タイワンから渡ってきました

という結論になるのだろうか、という点。

 既にタイワンから沖縄へ渡ってきたことは確定済みで、どのようにして渡って来たのか、渡ろうとした動機は何なのか、といった方向に邁進しているようにみえる。

 でも疑問に思う点がある。

 3万年前だから最初は目を疑ったが、3000年前でも疑問に思う。
 「港川人」でも2万年前だから年代が古すぎる。

 確かに3万年前の遺跡が石垣島や沖縄本島にあって、地続きではなかったのだから、海を渡らなければ到達できない。
  ※ 『3万年前は海面が現在より80m低かった』ということだが、100m前後の海面低下では地続きにはならない。

 でも海を渡ることは、火の利用や金属の利用と同じように人類史における大きなブレークスルーだと思う。つまり、大変難易度が高い。

 したがって、海があるからといって、どこでも「海の民」が生まれるわけではないだろう、という思いが消えない。

 海面が上昇して陸地が溺れてしまった、海峡が作られた、島が作られた、などの条件を満たさない限り、そうそう容易(たやす)く「海の民」は生まれてこないだろう、という思いが消えない。

 果たして3万年前のタイワンに「海の民」はいたのだろうか。

 タイワンで最も古い遺跡は、今回の航海実験の出航地となったタイトウ(台東)の北にある遺跡(長浜文化)で、確かに3万年前(以上)まで遡る可能性はあるが、今のところ「海の民」とまでは呼べないし、沖縄に現れた最古の遺跡よりも古いという確証もない。

 3万年前のタイワンは、大陸と地続きで今日のような島ではなかった、という点も引っ掛かる。

 沖縄に渡れるのであれば、タイワンから北の大陸沿岸に「海の民」が広がっていてもよさそうなものだが、3万年前どころか3000年前をみても大陸沿岸に「海の民」は現れていない。

 タイワンは中央に高い山々がそびえており、条件さえ恵まれれば与那国島からうっすらと見えるというが、タイワンの海岸から与那国島は見えない。

 今回の航海実験では、目的地が見えない中、舟を漕ぎ続けて『島を見つけられたのには、運も作用しました』と報告されている。精鋭の漕ぎ手が揃った現代でさえ難易度が高い。

 見えないばかりか、1日で渡り切れない未知の場所に向かうのは無謀。
 冒険とはちょっと違う。
 いきなり最初から高度な航海術を備えていたとは……。

 冒険は戻れるホームタウン(故郷)があるから意気揚々出発できるけど、人類の移動は「やむを得ず」という要素が多いように思う。
 3万年前の航海も、いわば海難事故ではなかろうか。3万年前の後悔……。

 少人数で渡ってきても子孫が残らない、という点は理解しているつもりだが、それでも
 渡ってきたのではなく、流されてきたのではないか、
 黒潮を横断したのではなく、黒潮に流されてきたのではないか、
 という思いが消えない。

 与那国島とタイワンは100km超離れている。遠いとみるか近いとみるか微妙だが、昔から渡海は難しく往来も乏しく、あたかも黒潮によって国境線がひかれたかの如し……。

 流されてきたのであれば、竹筏の可能性も「復活」しうる。

最初の「海の民」

 「海の民」は容易には生まれない、という見方の一方で、
 人類最初の「海の民」が生まれた地域については、おおよそ分かっている。

 スンダランド~サフルランドの間、すなわち今日のインドネシア~オーストラリア/ニュー・ギニア島の間で、6~5万年前に海を渡っている。

 こちらもサフルランドで古い遺跡が見つかったけど地続きではなかった、という割と似通った状況。
  ※ 最近、アクシデントではなく計画的に渡った、という旨の論文を見つけた。

 渡海の手段や動機はともかく、論理上、6、5万年前~3万年前の間に南洋から沖縄ないしタイワンへ海の民が北上したか、海を渡る術が伝わったか、いずれかになる。

 そのルートは大きく分けて2通り考えられる。

  •  スンダランドの沿岸(フィリピンより西側)を北上。
  •  黒潮の流れにのって北上。いわば“黒潮エクスプレス”。

 黒潮についてもっと調べる必要があるが、
 黒潮北上説は可能性として残しておいてほしい、
というのが個人的願望であります。

 ダイナミックすぎますか。

タイトルとURLをコピーしました