2020年 台風10号襲来

WEATHER(天気)

 9月は台風襲来の季節。

 今年は、

  •  台風の発生数が少ない。7月は0。
  •  7月いっぱい梅雨。ひょっとして冷夏か、と思わせておいて一転、8月の平均気温は(1946年の統計開始以来)全国各地で最高。
  •  9月なのに最高気温40℃超。

 いろいろと

 気温が高ければ海水温も高い。

 海上保安庁 - 海洋速報&海流推測図(www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/) ⇒ 表面水温図、表面水温偏差図

表面水温図 日本の南は30℃
表面水温偏差図

 平年より2~3℃高いところが多い。東シナ海は平年並み。

 気象庁のページは、
 気象庁 - 各種データ・資料(www.jma.go.jp/jma/menu/menureport.html
  - 海洋 海洋の情報 海水温・海流 ⇒ 海面水温実況図
  - 海洋 海洋の健康診断表 - 海面水温 ⇒ いろいろ
  - 海洋の観測・解析データ 日本近海の水温 海面水温 ⇒ 日別海面水温

気象庁 『日本の南を中心に海面水温が過去最高を記録』   

 によれば9月末になっても平年の海面水温のピークより高い予測。
  ※ 平年値は1981年-2010年の海面水温の平均値

 海面水温27℃以上で台風が発達するというから、勢力を強めながら北上してくる台風が増えそう。

 今回の台風10号がまさにそれ。しかも9号、10号と連続。

 温暖化で台風は

  •  発生数が減るものの
  •  大型化する
  •  東海~関東直撃の台風が増える

などと言われているが、どうやら西日本直撃の台風が減るというわけではないようだ。

 台風10号 9月5-6日 大東諸島付近を通過。中心気圧920hPa、最大瞬間風速70m/s。

気象庁

 『これまで経験したことがない……』。

 ちなみに国内のこれまでの最大瞬間風速の記録は、
 1966年9月 富士山頂 91.0m/sは番外として

最大瞬間風速[m/s]中心気圧[hPa]
沖縄 宮古島1966年9月5日 第二宮古島台風85.3929
高知 室戸岬1961年9月16日 第二室戸台風84.5925
沖縄 与那国島2015年9月28日 台風21号81.1925

 風速70m/s超の大半は沖縄・奄美。

 私的には一昨年9月末の台風24号、昨年9月上旬の台風15号、10月半ばの台風19号が最凶の暴風体験。いずれも勢力を少しずつ弱めながら通過していったが、神奈川通過時の最大瞬間風速はおおよそ30~40強m/s。中心気圧は955~960hPaぐらい。
 予想最大瞬間風速60m/s(= 216[km/h])と聞いて目が点になっていたが、今回の台風10号は予想最大瞬間風速80m/s(= 288[km/h])超。目が孔になってしまう。通り道になる地域(大東諸島-奄美-九州)の人は気が気ではないだろう。

 風圧 ∝ (風速)2

 日本全国頑丈な建物ばかりではない。
 大丈夫だろうか。


 6日朝の時点で大東諸島は既に通過。最大瞬間風速は、南大東島:51.6m/s。

気象庁

 追)6日21:00時点で中心気圧945hPa。
   6日昼-7日朝の最大瞬間風速は、
   鹿児島 中之島:46.5m/s、屋久島:44.8m/s、枕崎:45.9m/s、
   長崎 野母崎:59.4m/s、雲仙岳:43.5m/s、美津島:44.2m/s、鰐浦:43.9m/s。 

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました