今年(2020年)も猛暑

 冷夏よりも暑い夏のほうがいい……
と思っていたが、35℃が3日、4日続くとまいってくる。

 8.11 群馬と埼玉で最高気温40℃超え。
 群馬 伊勢崎:40.5℃、桐生:40.5℃、埼玉 鳩山:40.2℃
 群馬 館林:39.9℃、前橋:39.8℃、栃木 佐野:39.8℃、……。

2020年8月11日 最高気温プロット   

 全国的に暑い毎日。パッと見た感じ避暑地がほとんどない。

  •  8.10 岐阜 多治見:38.6℃、富山 秋ヶ島:38.5℃、富山:38.4℃、石川 小松:38.3℃、大阪 八尾:38.2℃。
  •  8.12 山梨 勝沼:38.2℃、甲府:38℃、群馬 前橋:37.9℃、伊勢崎:37.9℃、愛知 大府:37.8℃。
  •  8.13 高知 中村:37.9℃、愛媛 御荘:37.6℃、栃木 佐野:37.4℃、群馬 桐生:37.4℃。

 昨年は8.14、15に北陸地方で40℃超えを記録しているが、台風の影響もあった。

 今年はまだ暑さが続くと予想されている。ハズレロと思わずにはいられない。

 以下、暑さ指数 WBGTの実況と予測のページ。

環境省 熱中症予防情報サイト(www.wbgt.env.go.jp/

 やはり厳しい予測になっている。

 太平洋高気圧の上にチベット高気圧が覆い重なっているため、とのこと。

  •  連日35℃超
     ※ 最高気温35℃以上で「猛暑日」
  •  体温超え
  •  多湿
  •  無風
  •  30℃超の夜
     ※ 最低気温25℃以上で「熱帯夜」

 「体温超え + 多湿」で、汗が出にくくなって身体に熱がこもる。
 屋内にいても部屋に熱がこもっていれば、熱中症の危険。
 汗が出ても水分・塩分を補給しないと脱水症の危険。

 逆に言えば、

  •  直射日光に当たらず
  •  こまめに水分・塩分を補給して
  •  部屋の熱を逃がすことができれば

熱中症・脱水症を防げるはず。

 炎天下の中、途中で水一滴たりと飲むことも許されず、朦朧としながら球拾いしていたこともあったなあ……。

 歳をとると保水力が落ちるようで、暑さに弱くなる。少し実感。

 ひとまず水分・塩分の補給は、麦茶、スポーツドリンク、飴で、不足はないはず。
 糖分もある程度必要。
 炭酸飲料、アイス、かき氷、……。

 暴飲暴食しないこと。
 糖分摂り過ぎにも注意。
 食欲が落ちないよう熱いものも摂る。

 避暑地に行ける人、エアコンを存分使える人は熱中症にならないと思うが、行けない人、使えない人(使いたくない人)もいる。

 窓開けて、扇風機やウチワで風を起こして、熱がこもらないよう努めて……効果の程は一概には言えない。

 もしかしたら夜のほうが危険かもしれない。夕方より真夜中のほうが暑苦しく感じたり、思っていたほど涼しくならないことがしばしば。朝方よくピーポーピーポー鳴っている。

 「超」熱帯夜が連日続くような時は、災害とみなして避難所を開設する、などの対策も必要ではなかろうか。

タイトルとURLをコピーしました