行政界データから北アフリカ諸国描画

 アフリカ大陸・地中海南岸の国々。大半がアラブ、イスラム。
 8~15世紀にはヨーロッパ・イベリア半島にもイスラムの国があった。

Egypt

 27ムハファザ(県) Muhafazat - マルカズ(市) Markaz、キスム(地区) Qism(Kism)、。
 うちカイロ県、アレクサンドリア県、ポート・サイド県、スエズ県は実質カイロ(カヒラ)市、アレクサンドリア(イスカンダリヤ)市、ポート・サイド市、スエズ市。

 大きく分けるとナイル川下流の下エジプト、上流(南緯30°以南)の上エジプト。

南東の赤色部分は係争地(ハライブ・トライアングル)

Egypt 27Muhafazat   

Libya

 22シャアビヤ(県) Shabiyah - バラディヤ(自治体) Baladiyat。

 2011年「アラブの春」で内戦勃発。大佐亡き後、イスラム主義勢力が力を増して分裂状態。

 もともと東部・キレナイカ、北西・トリポリタニア、南西・フェザンの連合国。

 統合を目指しているが、今なお西(トリポリ政府)と東(トブルク政府)など分裂して抗争中。
 東は政教分離の世俗派。隣国Egypt、Saudi Arabia、U.A.E.が支援。EU、Russiaもこちらを支援。
 西はイスラム主義勢力。Qatarが支援。押されていたが、最近、Turkeyが介入・支援。

 Libya-TurkeyとGreece-Cyprusが東地中海で交じわって……。

Libya 22Shabiyah   

Tunisia

 24ウィラーヤ(州) Wilayah - ムタマディヤ(郡) Mutamadiyat - バラディヤ(自治体) Baladiyat。
 Wilayahは県とも訳されている。

 一海渡ればItaly。

 古代、ローマと争ったカルタゴの地。

 2011年「アラブの春」の“震源地”。Libya、Egypt、Syria等々次々政情不安定になった。 

Tunisia 24Wilayah   

Algeria

 58ウィラーヤ(州) Wilayah - デイラ(郡) Daїra - バラディヤ(自治体) Baladiyah。

 いつの間にか(2019年)10州増えていた。

 内陸部はベルベル人居住地。北アフリカの先住民と思しき人々。

 下の地図はかつての48州。

Algeria 48Wilayah(かつての区分図)   

Morocco

 10レジオン(地域) Région(+ 西サハラ2Région)
  - プロバンス(州) Province、プレフェクチュール(県) Préfecture … コミューン(自治体) Commune。

 Tunisia、Algeriaと合わせてマグレブ三国。
 地中海挟んでTunisia-Italy、Algeria-France、Morocco-Spain。

 北岸のセウタ、メリリャおよび南西沖合のカナリア諸島はSpain領。

 Algeriaと跨るアトラス山脈の最高峰(トゥブカル山)は標高4000m超。

 GADMの行政界データは以前のままだったので、探してみたら
  ※ 2015年までは14Région(+ 西サハラ2Région)
 OCHA Humanitarian Data Exchange HDXというサイト(data.humdata.org/)に行政界のシェープファイル Shapefileがあった。

Morocco 10Région + 西サハラと跨る1Région  

西サハラ

 旧Spain領サハラ。

 「砂の壁 Berm」で概ね東西に隔てられている。西側(広い方)をMoroccoが実効支配。
 東側(狭い方)がサハラ・アラブ民主共和国。Algeriaが支援。

黄色点線は「砂の壁」

 4ウィラーヤ(州) Wilayahに区分されているが(Moroccoの区分だと2Région)、事実上、「砂の壁」東側の北地区 Northern Sector、南地区 Southern Sectorの2地区。

 

 

MAP
スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました