行政界データからコーカサス(カフカス)諸国描画

MAP(地図)

 ヨーロッパとアジアの境・コーカサス山脈(カフカス山脈)。
 エリブルス山(エルブルス山)という高山がある。標高5642m。
 いろいろな民族が暮らしていて、ごちゃごちゃ感のある地域。

 GADM行政界データとNatural Earthのdisputed_areasデータを利用して描画。少し手直しした。
 やや境界のずれが目立つ。

アゼルバイジャン Azerbaijan

 シャハル(市) Sahar、ラヨン(地区) Rayon + 1自治共和国。

 アゼルバイジャン人(アゼリ人)はトルコ系。

 カスピ海の油田で2000年代から経済発展。
 沿岸の首都バクーはコーカサス最大の都市。

赤色部分はナゴルノ・カラバフ

 南西の大きな飛地がナフチュバン(ナヒチェバン)自治共和国。
 その北の小さな飛地はアルメニアが実効支配。

 北西にも小さな飛地が2ヶ所あるがアルメニアが実効支配。

 ナゴルノ・カラバフ紛争をみるとアゼルバイジャンはトルコの他、イスラエルとも友好的。隣国イランとの関係は微妙。

Azerbaijan 12Sahar、66Rayon(ナゴルノ・カラバフ含む)   

アルメニア Armenia

 マルズ(州) Marz + イェレバン - 自治体 Hamaynk。

 中部の大きな湖はセバン湖。

赤色部分はナゴルノ・カラバフ

 セバン湖の東の飛地はアゼルバイジャンが実効支配。

Armenia 10Marz + イェレバン   

ナゴルノ・カラバフ | アルツァフ

 アルメニア人の国(地域)なので、実質アルメニアの一部。
 上記アゼルバイジャン、アルメニアの地図の赤色部分(今年の紛争前)。

 旧ソビエト時代はアゼルバイジャン領内のアルメニア人自治州。
 1988-1994年の紛争(アルメニア対アゼルバイジャン)後、共和国として独立。
  ※ 1991年、ソビエト連邦解体

黄色部分がかつての自治州

 紛争で自治州の西と南のアゼルバイジャン領も占領。
 西の占領地帯はアルメニアと隣接。南はイランと隣接。

 自治州の北と東にアゼルバイジャン領のままの地域もあるが僅か。

 占領地帯を巡ってアゼルバイジャンと対立し続け、
 今年(2020年)9月末、紛争勃発。今月(10月)、停戦したものの今後も情勢不安定。

ジョージア Georgia

 最近までグルジアと呼んでいたが、今はジョージア。

 ムハレ(州) Mkhare + トビリシ + 自治共和国  - 自治体 Munits’ipaliteti。

 トルコと接する南西がアジャリア(アジャラ)自治共和国。

 一番西がアブハジア。1990年代初頭から独立状態。
  ※ 上の地図の赤色部分
 五輪が行われたソチの近く。

 南オセチアも独立状態。1990年代初頭と2008年に紛争が起こった。
  ※ 上の地図の橙色部分
 その北はロシア領北オセチア。

Georgia 9Mkhare + トビリシ + 自治共和国   

北コーカサス(北カフカス)

 ロシア領(クリミアはウクライナ領だがロシアが実効支配)。

 エリブルス山はカバルジノ-バルカルとカラチャイーチェルケスの境。

ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました