行政界データからインド描画

MAP(地図)

 人口14億人突破して最多のチャイナとほぼ同じになっているインド。

 インドはBRICSのI。
 日米豪印 QUADの一角。Uが米、Aが豪、ではなく4を意味するクアッド。
 R・Cと日米豪の綱引き状態。

スポンサーリンク

GADM行政界データなどから地図描画

 インドの行政区分は、
 ステート(州) State、テリトリー(直轄地) Territory … ディストリクト(地区) District。
  地区 - 市 City、自治体 Municipal、郡 Subdistrict、。
 Districtは県と訳されている。

 首都デリーは北部。直轄地。うち一部がニュー・デリー。
 北方の計画都市チャンディガルも直轄地。

 デリーから東のウッタル・プラデシュ[州]、ビハール州は、ガンジス川の流れる平原。
 ガンジス川下流はベンガル地方。西ベンガルの中心都市はコルカタ(昔はカルカッタ)。
 東ベンガルはバングラデシュ。

 ガンジス川流域は人口密集地帯。
 仏教遺跡が点在。
 インド仏教は12世紀初め、イスラム侵攻で終焉。今日、ヒンドゥー教の国。イスラム教、ジャイナ教、シーク教……。周辺の、スリ・ランカ、ミャンマー、タイ、チベットが仏教国。

 デリーの西、パキスタン国境はタール砂漠(大インド砂漠)。
 4月-6月が猛暑で、2016年、ラジャスタン州で51℃記録。今年(2022年)も4月に45℃記録。3月から30℃超。

 南のグジャラート州の中心都市はアーメダバード。
 グジャラート州南端に直轄地2ヶ所。近年合併。ダドラ&ナガル・ハベリ&ダマン&ディウ。旧ポルトガル領。
 その南のマハラシュトラ州に最大の都市ムンバイ(昔はボンベイ)。

 ムンバイの南のゴアも旧ポルトガル領。こちらは直轄地ではなく州。
 ここまでで10州。
 +中南部10州。デカン高原。
 主要都市は、
 テランガナ州ハイデラバード
 カルナタカ州ベンガルール(バンガロール)
 タミル・ナドゥ州チェンナイ(昔はマドラス)
 ・
 ・
 ・

 チェンナイの南に2ヶ所直轄地。プドゥチェリー(ポンディシェリー)直轄地。旧フランス領。
 チェンナイの北方アンドラ・プラデシュ[州]内に1ヶ所、西岸ケララ州内にもう1ヶ所。

 南東のアンダマン&ニコバル諸島は直轄地。
 南西にもラッカディブ諸島という島々があり、ラクシャディープという直轄地。南はモルディブ。

 ネパールとブータンの間のシッキム州は、かつてシッキム王国。
 近くにダージリン(西ベンガル州)。

 北東部にアッサム州など6州。
 およびチベットと接しているアルナーチャル・プラデシュ[州]。秘境だが、チャイナに狙われている。

 計28州。

India 28State、8Territory   

 最北がカシミール地方(上の地図の赤色部分)。北西がパキスタン統治、北東がチベット・アクサイチン。
 係争中。
 近年、ジャンム&カシミール州は直轄地になり、東側のラダック地方が分離した。

 計8直轄地。

 中立でいたくても今のご時勢R寄りとみなされてしまう。
 それでもQUADの一角。QUADもIPEFも目玉はインド。今後一層存在感が増していく。

スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました