2020-07

MAP

ベクトルタイルをいじってみる

 梅雨明けはまだ。本来、今頃五輪の最中。懸念されていた猛暑も来年に延期か。さて、前々回少し触れた「画像ではないタイル」のうちベクトルタイルについて、いじってみた。拡張子がgeojson、pbf(pdfではない)のタイル
MAP

河川の地図にハザードマップを追加

 雷が鳴って、青空が現れて、セミが鳴き始めた。でも梅雨明けはまだ。あちこちで噴火しているので、多少関係あるのだろうか……。さて、今回はハザードマップポータルサイト提供のタイルレイヤーを河川の地図に追加してみた。
MAP

オンライン地図のタイル座標

 最近ベースマップに使っているOpenStreetMapが読み込めなくなっていた。タイル利用規約には『データは誰でも自由に使えます。我々のタイルサーバは違います。』とある。

2020.7豪雨 氾濫河川、浸水推定図

 もうすぐ梅雨明け。当初の予想より遅れ気味。以下、7月の氾濫河川(堤防決壊、越水、溢水)のまとめ。※ 国土交通省 - 災害・防災情報の『令和2年7月豪雨災害による被害状況等について』から。氾濫河川100超、土砂災害300超。
LAND(風土)

小笠原 西之島

 西之島は小笠原諸島・父島の西方約130kmに位置する孤島。父島・母島は今は火山島ではなく、西之島から南が硫黄島に続く火山列(海底火山と火山島)。先月(6月)から噴火活動が活発化。7月4日には噴煙高度8300m。

圧倒的に「東京問題」 vs 「国の問題」

 暖かくなっても(高温)梅雨に入っても(多湿)消えてくれない新型コロナウイルス。少しは弱くなっているのだろうか。専門家の間でもいろいろ意見があったが、楽観的な見通しはふられ続けて長期化している。
TIME(史)

アイヌ考

 明日(7.12)、北海道白老(しらおい)にウポポイ(アイヌ民族博物館など)がオープン。ということで、これまでアイヌ人について考えたこと等まとめ。まず基本事項として、日本国民は日本人とアイヌ人。

九州大雨(2020.7) + 3年前、8年前の豪雨

 梅雨前線の北上とともに南西諸島 ⇒ 九州南部 ⇒ 九州北部で集中豪雨。もはや九州は「50年に1度」という感じではなくなってきている。7月4日の球磨川氾濫から1日おいて再び九州各地で豪雨。

九州南部大雨(2020.7) -球磨川氾濫-

 トンネルを抜けると雨であった。毎年6月末から9・10月までの間、どこかしらで甚大な被害をもたらしている豪雨・台風。今年も九州南部で集中豪雨。球磨川が氾濫。豪雨の原因は積乱雲が線状に並ぶ線状降水帯の形成。
BLOG

続・静的サイトジェネレーター Hugo導入

 ヒューゴなのかユーゴーなのか、たぶんヒューゴーなんだろうけどHugoを使ってみることにした。Go言語ベースの静的サイトジェネレーター。いじったことのない言語なのでちょっと躊躇したが、……
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました