東日本大震災 福島 まとめ

 2011.3.11以降、福島は地震、津波に加えて原発事故に苦しめられた。
 9年経っても苦しめられている状況。

 以前まとめた福島第一原発事故のページ   

 簡潔にまとめると酷かった。
 ヘリから原子炉へ放水している時は、いよいよ駄目かと思った。
 原子炉が巨大缶詰のように街中を転がっている悪い夢も見た。

 それでも停止中の原子炉があったり、海に向かって風が吹いていたり、水位が下がった核燃料プールに偶然水が流れ込んだり、いくつか助かっている面もあった。不人気な政権・不人気な首相だったが、誤った人だったら最悪のシナリオを辿っていた可能性もあった。

 現在も
 ・ 汚染土の除染 ⇒ 中間貯蔵
 ・ 福島第一原発 汚染水処理
 ・ 福島第一原発 廃炉作業
 が行われている最中。

 放射線量が高い地域(20[mSv/年]超)は、事故当時風下となった「福島第一原発から北西」に帯状に広がり、居住不可となった。

 除染が行われた市街は、順次避難指示が解除されているが、9年、10年経っても戻れない地域もある。

 広大な山林は放射線量の自然減を気長に待つほかなさそうだ。

 以下のサイトで現況を確認できる。

  •  環境省 除染情報サイト(josen.env.go.jp/
  •  ふくしま復興ステーション 復興情報ポータルサイト   → www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/
環境省 除染情報サイトから
  •  未だ広域が帰還困難の自治体
     双葉町、大熊町、浪江町
  •  一部帰還困難が残っている自治体
     富岡町、葛尾村、南相馬市、飯舘村
  •  全域居住可能となった自治体
     楢葉町、川内村、田村市、川俣町、広野町

 東日本大震災全般のまとめは下のページ。

被災地 福島

 福島は原発事故に注目が移っていったが、津波被害も激しい。
 また、震災関連死も多い。

  •  南相馬
     死者・行方不明者1100人超。うち震災関連死500人超。
     沿岸部で津波被害。原町・小沢、雫など。
     鹿島・右田浜に「かしまの一本松」があったが、枯死したため2017年に伐採。今月(2020.3)、その苗木を跡地に植える予定。
     2016年、南部~西部で避難指示解除。南西部のみ帰還困難区域。

     2018年、原町・雫で全国植樹祭開催。
     福島ロボットテストフィールド整備   
  •  浪江
     死者・行方不明者600人超。うち震災関連死400人超。
     沿岸部の請戸地区で津波被害。
     町全域避難。2017年、一部避難指示解除。中部~西部が未だ帰還困難区域。
      町役場機能は、二本松市へ移転していた。

     津島
      町西部。未だ帰還困難区域。

     先日(2020.3)、福島水素エネルギー研究フィールド開所   
     双葉町とまたがる地域(両竹地区)に福島県復興祈念公園整備中。 
  •  相馬
     沿岸部、松川浦周辺で津波被害。磯部、原釜地区で大きな被害が出た。

     原釜に伝承鎮魂祈念館・慰霊碑   
  •  いわき
     沿岸部で津波被害。薄磯、豊間地区で大きな被害が出た。

     薄磯地区に「いわき震災伝承みらい館」建設中   
  •  富岡
     震災関連死400人超。
     沿岸部で津波被害。富岡駅流失。
     福島第二原発所在地。
     町全域避難。2017年、北東部(夜の森/新夜ノ森/大菅/小良ヶ浜/深谷)以外避難指示解除。
      町役場機能は、郡山市へ移転していた。
  •  双葉
     沿岸部で津波被害。
     福島第一原発、中間貯蔵施設所在地。
     2020年、北東部避難指示解除。未だ帰還困難区域広範。
      町役場機能は、埼玉県さいたま市 → 加須市 → 福島県いわき市へ移転。
      
     つい先日まで町全域が帰還困難区域だった。ただし、住民の帰還はインフラ整備後の2022年以降。

     2020.9、中野・両竹地区に東日本大震災・原子力災害伝承館開館予定。福島県復興祈念公園整備中。
  •  楢葉
     沿岸部で津波被害。福島第二原発所在地。
     町ほぼ全域避難。2015年、避難指示解除。
      町役場機能は、いわき市 → 会津美里町へ移転していた。

     広野町とまたがってJヴィレッジがある   
  •  大熊
     沿岸部で津波被害。
     福島第一原発、中間貯蔵施設所在地。
     町全域避難。2019年、一部(大川原、中屋敷)避難指示解除。東部~中部が未だ帰還困難区域。
      町役場機能は、田村市 → 会津若松市へ移転していた。

     2019年、大川原に町役場新庁舎OPEN。
  •  新地
     沿岸部で津波被害。新地駅流失。

     釣師防災緑地公園   
  •  川内
     原発事故直後から村全域避難対象となったが、2011.9に一部解除。2016年、残っていた地域(東部)が避難指示解除。
      村役場機能は郡山市へ移転していた。 
  •  広野
     沿岸部で津波被害。
     原発事故直後から町全域避難対象となったが、2011.9に解除。
      町役場機能は小野町 → いわき市へ移転していた。

     震災記念公園   
     楢葉町とまたがってJヴィレッジがある。
  •  飯舘
     村全域避難。2017年、南部(長泥地区)以外避難指示解除。
      村役場機能は福島市へ移転していた。

     長泥

     飯舘復興商店街   
  •  葛尾
     村全域避難。2016年、北東部(野行地区)以外避難指示解除。
      村役場機能は会津坂下町 → 三春町へ移転していた。

     野行

     葛尾村復興交流館   
  •  川俣
     町南東の山木屋地区が避難対象となった。2017年、避難指示解除。

     山木屋
  •  田村
     市東部の都路地区が避難対象となったが、2011.9に一部解除。2014年、残っていた地域が避難指示解除。

     都路
  •  福島[市]
  •  白河
  •  須賀川
     地震直後、藤沼ダムが決壊して下流で被害。
  •  郡山
  •  
  •  
  •  

 双葉郡未来会議(futabafuture.com/) - 双葉郡に避難区域の変遷について記されている。

中間貯蔵施設

 除染特別地域(「福島第一原発から北西」)から出た放射性廃棄物(汚染土など)を一定期間保管する施設。
 福島第一原発を取り囲むように国道6号東側の帰還困難区域に整備されている。

 2015年、県内各地の仮置き場から中間貯蔵施設へ輸送開始。
 2020.3時点で輸送対象約1400万m3のうち約46%の約638万m3が輸送済み。
 2021年度輸送完了の方針。

 2019.1、大熊町側に中間貯蔵工事情報センターが開所。

 大半を占める低濃度(8000[Bq/kg]以下)の汚染土は再生利用、高濃度の放射性廃棄物は30年以内(2045年まで)に県外の最終処分場(未定)へ。

 汚染土の再生利用は既に難航。
  飯舘村長泥で農地造成。
  二本松市で道路造成に利用しようとして住民反対。
  南相馬市で高速道路の盛土に利用しようとして住民反対。
  ・
  ・
  ・

 宮城、茨城、栃木、群馬、千葉県内の放射性廃棄物(汚染土など)は国が各県内に管理型処分場を新設する計画だが、候補地となった自治体みな反対。

汚染水処理

 核燃料冷却のため原子炉内へ注水し続け、2011.12、100℃以下の「冷温停止状態」を宣言。以降、燃料の崩壊熱も下がって安定した状態が続いているが、地下水・雨水の流入によって汚染水は増えていく一方。
  ※ 逆に汚染水が地下水脈へ流出してはいけない。

 高濃度汚染水は多核種除去設備「ALPS」などで処理後、タンクへ。

 流入前の地下水を汲み上げたり(地下水バイパス)、凍土遮水壁の設置などによって汚染水の発生量は大きく減ったが、敷地内にタンクを建設して貯蔵できる処理水(処理済みの低濃度汚染水)の量は限界に近づいている。
  ※ 汚染水の発生量
    2014年、地下水バイパス稼動前 約540[m3/日]。
    2019年時点で100[m3/日]を下回る時もある、とのこと。

 2020.2現在、処理水の貯蔵量は118万m3超(うちALPS等の処理水111万m3超、ストロンチウム処理水7万m3超)。
  ※ 東京電力HPから
    敷地内のタンク約1000基

 2020年末までに約137万m3までタンクを建設し、2022年夏に上限に達する、とのこと。

  低濃度汚染水の海洋放出(計画)
  タンク内の処理水には「ALPS」で除去できなかった放射性物質トリチウム(三重水素) Tが大量に含まれており、トリチウム以外の核種も残っている。
  これら低濃度とされる汚染水の扱いをめぐって議論中。

  トリチウムを含んだ水 HTOは、自然界に存在し、国内外の原発で安全基準をクリアして海洋放出されているから安全だという。
  だが、「放射性食品」と同じで、科学的に「安全」であっても誰も責任とらない(とれない)から警戒するのは当然。風評と言っても根も葉もないデマとはわけが違う。

  汚染水は廃炉完了まで増え続ける。
  トリチウム水除去の技術が開発されたというニュースもいくつかあった。

  議論や説得に多くを費やすより、除去に努めたほうが失墜した信頼の回復につながる。技術の力が議論を終わらせるという好例にもなる。

廃炉作業

 メルトダウンしないと言われた燃料棒は圧力容器の底をスルーして格納容器の底へ溶け落ちた。その残骸は燃料デブリと呼ばれているが、廃炉作業(原子炉解体・撤去)の最難関が燃料デブリの取り出し作業。

 その前に使用済み核燃料プールから核燃料の取り出し作業。
 4号機完了。2019年から3号機で作業中。1、2号機は未だ。
 ちなみに3号機は不明な点がある原子炉。事故調査報告書でも不自然なほど触れられていなかった。  

 原子炉内の燃料デブリについて分布状況を調査。
  人が近づけないので、遠隔ロボット、ミューオン(μ粒子)計測による透視、……。

  •  燃料デブリの安定状態が「崩壊」しないよう安全確保
  •  燃料デブリ取り出し工法の開発

 廃炉完了は燃料デブリ取り出し(2021年予定)から30~40年かかる見通し。

 原子力発電所建設から始まって……。
 ひとたび大事故が起これば、大気汚染、海洋汚染、汚染土の再生利用、低濃度汚染水の海洋放出、放射性廃棄物管理型処分場建設、……。
 最終処分場は、事故が起こらなくても必要。
  「原子力発電は環境にやさしい発電です」。
 

 福島第二原発も大事故未遂だったとされる。

 結局、福島第二原発も廃炉になった。

 風向きは脱原発。ただ代替エネルギー開発やエネルギー行政などと絡んで難しい問題であることは確か。

 いずれにせよ福島発の明るい話題が増えることを皆望んでいると思う。

Link

タイトルとURLをコピーしました