圧倒的に「東京問題」 vs 「国の問題」

 暖かくなっても(高温)梅雨に入っても(多湿)消えてくれない新型コロナウイルス。少しは弱くなっているのだろうか。
 専門家の間でもいろいろ意見があったが、楽観的な見通しはふられ続けて長期化している。

 おまけに今回のウイルスは数週間~数ヶ月で抗体(長期間残存するIgG抗体)が減少してなくなってしまう、と報告されているので、短期間で再感染する可能性がある。ワクチンが開発されても年1回の接種では済まないかもしれない。

世界の現状

 7.14時点で、世界全体の感染者1312万7000人弱(うち728万人弱が回復)・死者57万3000人超。

 感染者数は、
 U.S.A. ・・・ 336万人超
 Brazil ・・・ 188万人超
 India ・・・ 90万人超
 Russia ・・・ 73万人超
 Peru、Chile、Mexico ・・・ 30万人超
 U.K.、South Africa、Iran、Spain、Pakistan、Italy、Saudi Arabia、Turkey、France、Germany ・・・ 20万人超
 Bangladesh、Colombia、Canada、Qatar、Argentina ・・・ 10万人超
 China、Egypt ・・・ 8万人超
 Iraq、Indonesia、Sweden、Ecuador、Belarus、Belgium、Kazakhstan ・・・ 6万人超
 Oman、Philippines、Kuwait、Ukraine、U.A.E.、Netherlands ・・・ 5万人超
 Bolivia、Panama、Portugal、Singapore、Dominican Republic、Israel、Poland、Afghanistan、Romania、Bahrain、Nigeria、Switzerland、Armenia ・・・ 3万人超
 Guatemala、Honduras、Ireland、Ghana、Azerbaijan、日本、 ・・・ 2万人超

 ※ ジョンズ・ホプキンス大学 Coronavirus Resource Center(coronavirus.jhu.edu/)参照

 1ヶ月前(6.17)と似た傾向。中南米と南アジア~中東で増加。
 India、South Africaが急増。

 死者数は、
 U.S.A. ・・・ 13万5000人超
 Brazil ・・・ 72000人超
 U.K. ・・・ 4万人弱
 Mexico ・・・ 35000人超
 Italy ・・・ 34000人超
 France ・・・ 3万人超
 Spain ・・・ 28000人超
 India ・・・ 23000人超
 Iran ・・・ 13000人超
 Peru ・・・ 12000人超
 Russia ・・・ 11000人超
 Belgium、Germany ・・・ 9000人超
 Canada ・・・ 8000人超
 Chile ・・・ 7000人弱
 Netherlands ・・・ 6000人超
 Colombia、Sweden、Turkey、Pakistan、Ecuador ・・・ 5000人超
 China、South Africa ・・・ 4000人超

 日本は死者1000人弱で、比較的抑えられているほう。

 アフリカがどうなるか分からないが、一通り落ち着くのは9~10月頃か。

「東京問題」から「国の問題」

 東京は

  •  過密都市
  •  各地から人が集まっているので、多様だが意見がまとまりにくい
  •  一極集中の度合が以前より増大
  •  日本の標準ではなく特殊なところ

 海外の首都大都市圏にも当てはまるが、ウイルスが集まって増えやすい。

 緊急事態宣言解除から1ヶ月以上経過して当面様子見の期間だから多少感染者が増えるのは仕方ない。東京中心にぶり返しているが、これもある程度予想されていたこと。「第二波」ではない。

 目下新規感染者が連日100~200人。

東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト 都内の最新感染動向(stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」がまるまる新宿・池袋にあるような状況になっても傍観無策のまま(に見える)。
 このままだと終息(収束)まで長引くうえに一部の区域もしくは一部の業種で済むはずの自粛要請が一部で済まなくなる。
 一部区域(一部業種)の制限と広域(広範)の制限とどちらが経済に悪影響を及ぼすか……。

  •  検査数を増やした
  •  感染者の大半は若者で、無症状が多く、重症化は少ない

 それで終息に向かうなら構わないが向かわないだろう。今後、海外からの(海外への)渡航再開も待ち受けている。

 加えて7.22から国・観光庁のGo Toキャンペーンが始まる予定。

 キャンペーン自体はいいけど本来終息後の観光需要喚起だったはず。明らかにタイミングが良くない。

 0にすることは無理、withコロナ、コロナと共生、といった声がキャンペーンに合わせるかのように強まっているように感じる。
 日本においては要らない考え。現に岩手県はずっと0。
  追)0だったが、7.29、岩手県初の感染者。

 令和おじさん --- 延期は全く考えていない

 再生おじさん --- 注意をしながら進める

 日本全国で感染者・死者が増えたら圧倒的に「国の問題」になる。

スポンサーリンク
ふシゼン
タイトルとURLをコピーしました