ボクシング 井上 vs ドネア

 World Boxing Super Series WBSS(worldboxingsuperseries.com/)
 バンタム級 頂上決戦 11.7 in さいたま。

 両者ぐらつくシーンがあって終始目を離せない激闘だった。

 戦前の予想の中には井上が圧倒的優位というものもあったが、相手はドネア(Philippines)だし、決勝まで勝ち上がってきているわけだから、そんな楽な展開にはならないだろう、と思って見始めた。
 結果、歴史に残る名勝負になった。

 ドネアの自信満々不敵な態度。
 それを裏付ける戦績。
 劣勢が予想されていても一発で覆せるパンチ力。
 ドネアを憧れと公言する井上。
 (憧れの人をブン殴るという感覚は凡人には分からない。)

 +(プラス)
 前の試合で弟が判定負け(残念)。

 気のせいかリングインした時、いつもよりこけて見えた。
 先日オールブラックスも負けたことだし、開始前からちょっと負けそうな予感がした。

 案の定というわけではないが、2R(ラウンド)に強烈なパンチをもらって出血。
 以降苦戦。
 止められてしまう可能性もあった。

 途中からドネアが孫悟空に見えてきた。

 ドネアはうたれ強かったが、ボディ、ボディ、言いながら見続けて、ようやく11Rにヒット。
 10Rが終わるまでは、判定までもつれたら負けかな……とも思ったが、11Rにダウンとって初めて勝ちが見えた。
 というかレフェリー邪魔するな、カウントしろ、ストップしろ、と思った。
 でも12R終わって称(たた)え合っているの見たら、良かったのかな。

 井上は普段パンチをもらうことがほとんどないから、うたれ強いかどうか未知数だったが、強烈なパンチをもらっても倒れなかった。
 とはいえ9Rはピンチだった。

 勝って良かった。

 台湾で先発して投げていたと思ったら、埼玉でボクシングだからな。
 まあそれは冗談として、圧勝ばかりだと戦う相手がいなくなってしまうし、そうかと言って早く階級を上げてしまうのも良くないだろうから、苦戦して結果的に良かったかも。

 WBSS(バンタム級)が始まる前は、井上含めて5人も無敗の選手がいて(前の試合でKOしたロドリゲスなど)、それが1年の間に井上以外みな負けがついてしまった。
 ちょっともったいない感じもする。

 「モンスター」に違いないが、あまり周囲の声に踊らされ「すぎず」、勝ち続けてほしいな。

タイトルとURLをコピーしました