Googleアドセンス sellers.jsonについて

 9月に入ってからGoogleアドセンスに『Googleのsellers.jsonファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。……』というメッセージが現れた。メールにも『早急にご対応ください』とあるので、言われるがままに
 アカウント - 設定 - アカウント情報販売者情報の公開設定で機密から非機密へ……。

 ん?。サイト運営者の個人情報が公開されてしまうんじゃないの---

 ということで気になって調べてみたら、そのようだ。

 以前ads.txtについて調べて書いた。

 ads.txtは広告主が、広告を出している(広告枠を購入した)サイトが正規のサイトか(なりすましのサイトでないか)確認するためのもの。

 sellers.json(iabtechlab.com/sellers-json/)はads.txtの言わば拡張版。

 ads.txtだけでは(広告インプレッションに関して)不十分なので、より透明性を高めよう、ということらしい。

 ads.txtで公開される情報はサイト運営者IDだけだったが、

 sellers.jsonにはサイト運営者IDの他、個人名(またはビジネス名)、ドメイン名が載る、とのこと。

 また、ads.txtはサイト運営者が各自設置するものだったが、

 sellers.jsonはSSP Supply-Side Platformという事業者が設置する。Googleアドセンスの場合、google.com。

 google.com側には既に個人名が登録されているので、非機密にすることで情報公開に同意した、という運びになるのだろう。

 法人の場合はビジネス名だから迷わないと思うが、個人名はお支払いプロファイルにある名前だから実名。

 広告主に対して公開される、とのことだが、ads.txtは誰でも見れるし、sellers.jsonも……。

 匿名性は低くなる。

 もしもsellers.jsonに情報公開するか否かで収益が大きく変わるのであれば、非機密にして……。
  ※ Googleアドセンスのヘルプによれば、『情報を透明化しない場合、広告主はお客様の名前を確認できないため、収益に影響する可能性があります。』とある。

 アドフラウド(広告詐欺)防止は広告主だけでなくサイト運営者のためでもあるが、おすすめであって強制ではないので、様子見(機密のまま)という選択もある。

 ひとまずメリットとデメリット天秤かけて判断したほうが良さそう。

タイトルとURLをコピーしました